社員食堂の換気、営業前にしてるんでしょうね。

社員食堂っていうのが、ちょっと大きな建物とかに入っている会社だとありますよね。

今は、昔ほど多くなさそうではありますが。

価格は安くて、普通の外食のレストランとかよりは、おいしくはないっていうのが相場です。

社員食堂で定食を食べる人もいれば、自宅から弁当を持って来て、社員食堂で食べるっていう人もいます。

社員食堂のなかには、弁当など自宅から食べ物を持ってくる人のために、電子レンジが置いてあるところもありますよね。

温めたほうがおいしいっていうご飯は、電子レンジがあると便利です。

ご飯を温めたり、定食を作ったりしていると、夏だと、かなり空気がこもりそうですね。

おそらく、社員食堂の営業が始まる前は、一度窓を開けて空気を通しているんじゃないでしょうか。

窓がないところっていうのもあるのかな。

そういうところだと、
家の換気は、ちゃんとしようっと。
ここのように、換気扇を、ずっと回してないといけないでしょうね。

マンションだと、換気扇が、ずっと周っているんでしたっけ。

家の中の空気は、たまに入れ替えるようにしたいものです。
| 派遣法について

道具をそろえる楽しみ

スイーツデコ、フェイクスイーツなどのことをするとなると、100均やホームセンターといったところに通うことが楽しみになったりしそうですね。

100均では、ちょっとした材料など、なにか使えるものはないかと探す楽しみがあったり、ホームセンターでは、加工するための道具を探してみたりといった楽しみがありそうです。

フェイクスイーツは、それを作る目的のために販売されている商品というわけではなくて、別の用途で販売されているものを、フェイクスイーツを作るために応用するということが多そうかなって思います。

フェイクスイーツデコ作り方教室では、こうした道具をどう使うかとか、これは材料として使えるという情報を教えてもらうこともできそうですね。

教室だと、生徒の間で、そうした情報交換をして交流を深めるということもできるのではないでしょうか。
| 日常とかコラム的なこと

どういう授業が提供されるかというのも大切だけれど、受ける側の意識も大事そう。

英語を、趣味でも仕事でも、なんとか話せるようになりたい、理解できるようになりたいとお考えの方いらっしゃいますよね。

なかなか難しいという人もいれば、英語でコミュニケーションできるようになったという方もいるでしょう。

学校の勉強では英語を話せるようにならなかったという声が多いですよね。学生のときの勉強のことです。

それは、主に受験のための勉強だからということになるのでしょう。

受験が終われば、勉強しなくなり、使う機会がなくなり、忘れていくということが原因の一つなのでしょう。

では、学校の英語の勉強は、英語でコミュニケーションするための役に立たないかというと、そうではないと考えることもできますよね。

英単語の意味は分かったほうがいいし、文法の基本的なことは知っていたほうが応用がきいて理解が早くなるのではないでしょうか。

けっこう大きな原因としては、やはり、日常で意識して英語を使ったり理解しようとしたりする機会が少ないからなんでしょう。

もし、将来、翻訳とか通訳する人になりたいという場合は、日ごろから、英語の文章や会話に触れておく機会を意識的に増やすようにしたほうがいいのかもしれません。

http://eikaiwa-umeda.sararito.org/
では、英会話学校について載せています。

いわゆる有名なところを紹介していますが、中学校や高校での英語の授業や英会話学校での授業など受けて、それをどう活用するかという生徒側の意識も大切になってくるのでしょう。

ただ、漠然と聞いているだけというのでは、あんまりよくなさそうですよね。

どういう授業が提供されるかという面も大切ではあるのでしょう。
| 派遣法について

回転寿司は、おいしいし、なんとなく楽しい。

寿司を外で食べるというと、昔は、かなり高いのと、けっこう敷居が高いものだというイメージでした。

だから、誰かの紹介で連れて行ってもらって食べるというパターンが多いのではないでしょうか。

今でも、そういうお店は、きっと、たくさんありますよね。

でも、庶民的な回転寿司屋が、たくさんあって、もう一般的になっていると思います。

価格も、一皿100円が当たり前になっていますよね。

それでいて、けっこうおいしいのではないでしょうか。

寿司について詳しい人からすると、そんなにおいしいものでもないのかもしれませんが。

回転寿司って、行くと、けっこう楽しいんですよね。

いろいろなネタがあるし、注文すれば、握りたてだろうというのが出てきて新鮮さがあると思います。

おそらく機械が握っているのでしょうけれど、それでも、おいしいと思えるのではないでしょうか。

そうした回転寿司以外にも、宅配専門でやっているところもあるようです。

街中にもあるんだと思いますが、そんなに目立たない風に建物があるんじゃないでしょうか。

宅配で寿司を頼むという場合、自宅で誕生日会であったり、なにかの御祝いごととか集まり、イベントがあるときが多いのでしょう。

回転寿司は、たぶんお店に行って受け取る方式なのかもしれません。

そうしたお寿司を食べることだけでなく、
海外のすしバーで働くには?日本で寿司職人養成専門学校があります。
に書いているとおり、今は、専門学校ができているんですよね。

時代は、だいぶ変わったなあなんて思います。
| 日常とかコラム的なこと

犬と飼い主の順番

犬の場合、ネコと違って、たぶん上下関係というか順位に敏感な感じがします。

飼い主が一番えらくて、次に家族などで、その下に犬となっていると、ちゃんとした他の躾がうまくいくのだと思いますが、そうでないと、いろいろと困ることが多くなるのかもしれません。

犬自身が、自分が一番えらいって思っていると、言うことを聞かないでしょうし、飼い主が、いろいろと命令したとしても、まったく聞いてくれなかったりしてしまい、無駄吠えが多かったりなど、たいへんなペットライフになってしまう可能性があるのでしょう。

よく大型犬で、まったく吠えない大人しい犬がいて、すごく好感の持てるのがいます。

大型犬って、けっこう性格が穏やかなのが多いのでしょうか。

そういう犬は、自ら自分をしつけたりなんていうことができたりするのかもしれません。

散歩のとき、飼い主が先ではなくて、犬が、どんどんと引っ張っていくタイプの散歩をしてしまう人もいらっしゃるでしょう。

こういう状態だと、もう犬は、自分が一番なんだから、オレの言うことを聞くのが当然、散歩も、自分の行きたい方向へ行くとなってしまっているのかも。

そうなってくると、他の犬が近くに来ると、ものすごく吠えたりしてしまうのでしょう。

こういう状態だと、散歩自体が、しにくいものになってしまい、困ったもんだという悩みがなくならなくなってしまうのではないでしょうか。

躾のことを飼い主が学んでいくのもいいかと思いますが、まずはプロのトレーナーにお願いしてみる、指導を受けてみるっていう方法もいいかもしれませんね。

トレーナーに預けてみたところ、トレーナーに対しては、別犬のようになっていたりして驚くということがありそうです。

やんちゃな犬だと、異物誤飲で手術でペット保険を使うことになったりなどのことがあるかもしれません。そういうことになりにくいように、ちゃんと犬は、子供のころから躾しておかないといけないみたいですね。
| 日常とかコラム的なこと

ペットフードって、いろいろあるようす

犬などペットを飼っていると、エサをどうしようか、最初のうちは、けっこう迷うものです。

人間と同じご飯などを与えているところもあるのかもしれませんが、人間はOKでも犬にはNGの食べ物がありそうです。

そういった心配が少ないと思われるのがペットフードですよね。

そして、ある犬種専用のペットフードっていうのがあれば、さらに安心してエサを与えるということができるのではないでしょうか。

いろいろとペットフードの種類があるみたいですが、どれがいいかは、経験を積んでいくか、オススメをお友達とか獣医から教えてもらうとかしていくと、これっていうのが見つかるかも。

CMなんかを見ていると、健康にも配慮したペットフードが売り出されているようですね。

どんなものを食べるかっていうのは、人間も犬も関係なく生物にとって大切なことです。

人間でも、国によって、どういうものをメインに食べているかっていうのが、だいぶ違います。

犬の場合でも、犬種によっては、こういうのじゃないとダメっていうエサの種類があるのかもしれません。

でも、ペットフードというと、犬用・猫用などに分かれているぐらいなんでしょうか。

その犬種専門のエサとなると、「犬用」となっているものより、価格は高くなりそうな気がします。

お店に、毎回安いのがないかとか、より健康に配慮されたものがないかと探すのもいいですが、これっていうのがあれば、それを定期購入コースかなにかで買うと、買い物の手間がはぶけるし、いいアイディアかもしれないです。

人間と同じように犬にも保険があるんですね。
| 日常とかコラム的なこと

はじめに〜派遣から正社員になる可能性は?〜

派遣で働いているあなたは、派遣法を知っていますか?

労働者派遣法は、派遣社員が、その派遣期間終了後、派遣先に正社員として雇用されることを、むしろ促進しようとする狙いがあるものと思われます。

2004年3月に施行された改正派遣法では、この臨時雇用から常用雇用への促進を目的としているのではないかと思われる改正も行われました。

ポイントは派遣法の「直接雇用の申し込み義務」です。


●派遣法の直接雇用の申し込み義務とは?

受け入れ期間に制限のある業務の場合、
同じ業務にて、派遣元から派遣先へ、派遣労働者を派遣しない通知があります。
派遣されていたその人が、その派遣先に雇用してほしいと希望している場合で、派遣先が期間制限を越えて、その派遣されている人に働いてもらいたい場合、雇用契約の申し込みをしなければいけないことになります。


受け入れ期間に制限のない業務の場合、
同じ業務で、同じ派遣労働者を、3年を越えて使用しているとします。
その派遣労働者が、3年を越えて働いているときに、派遣先が、同じ業務で新たな労働者を雇用しようとするとき、3年を越えて働いている派遣労働者に、雇用契約の申し込みをすることの義務が発生します。


●派遣法の法律的な言葉では分かりにくいので、派遣法を柔らかく書いてみると…
・派遣労働者には、受け入れ期間の制限がある業務と、ない業務がある

【制限がある派遣業務の場合】

まず派遣元(人材派遣会社等)から「君は、もうその派遣先での派遣は終わりです。」との通知がある。

派遣されてた人「ええ!もっとここで働きたい!」

派遣先「君には、もっとここで働いてもらいたいけど、派遣期間が終わりじゃあしょうがないな…。いい人材なのに惜しい。なんとかならないかな?」

派遣されている人「おお!改正派遣法か〜。これを利用すれば、引き続きこの派遣先で働けるぞ!」

派遣先「なるほど。派遣法によると、雇用の申し込みしないといけないのか…これを利用しようか」

で、めでたくその派遣先で、引き続き働ける可能性への道が派遣法によって、開ける。


【制限のない業務の場合】
派遣先「う〜ん。この業務、ちょっと忙しくなってきたな〜。人雇うか。」

派遣されている人「ちょっとまった〜!派遣法ご存知ですか?私は、同じ業務で、すでに3年ずっと、ここで派遣として働いてます。なので、まずは、私に、雇用の申し込みをしないとダメなんです!」

で、めでたく雇用される可能性への道が派遣法のおかげで、開ける。


ただ、この雇用の形態なのですが、絶対正社員でないといけないということではないんですね。
ここ要注意です。

以上、やわらかく書いてみました。

| 派遣法について

派遣法とは

派遣法とは、労働者派遣法のことで、2003年に改正がありました。

改正内容は、改正前まで禁止業務だった製造業務が解禁されたこと、そして、制限されていた派遣受け入れ期間が伸ばされ、もっとも長い期間で3年となったこと。
このふたつが、大きな改正内容でした。

| 派遣法について

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。